本を、旅を、世の中をどのように見るのか


by qzr02421
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

人生であきらめたくないこととは

 人生であきらめたくないことは何か。朝日新聞が調査した。アンケートはを見るときには回答人数、どのようの世代か、男女差などに注意することが大切だ。この調査は18歳から77歳の男女5368人にメールを送り、その返信で1021人の回答があったものを集計したものだ。内訳は男性325人、女性669人だ。年齢は書かれていないが、ポケイタイの「ポケッチュ!」会員ということだから、あまり年配の人はいないのだろうか。

 人生はあきらめたくないものは、男性は「趣味・交友」女性は「美容・健康・若さ」を選んだ人が多かったようだ。朝日新聞は女性は自分自身を、男性はコミュニケーションを大切にしたとしている。しかし、人間は自分に欠けているものを求めるものだ。女性はどこでも井戸端会議をしている。それに男性は仕事以外の会話は苦手なことが多い。

 スポーツクラブに行くと、女性は賑やかに会話をしている。お互いの会話がかみ合っていいるように感じる。それに対して、男性は二派に分かれる。会話をせず、トレーニングをしている人と会話をしている人だ。会話をしているといっても、一人の人が自分の意見を述べているようのなタイプが多い。つまり会話がかみ合っていないのだ。そういう意味で男性は人との関係をもう一度考えなおしたという願望が強いのではないのか。
 
 一方、女性は加齢とともに華麗さが・・・ということで自分から失われていくものを求めているのだろう。ドモなんとか、再春なんとかと、美しさを失いたくない、ということは失われていくという現実があるということだ。

 あきらめたく理由は男女とも「人生を楽しみたい」「幸せになりたい」という精神の充足のようだ。今の人生があまり楽しくなく、満足をしていないということだろう。ストレス社会のあらわれか。高校生は「生きがい」「自分探し」「本当の自分」というものを求めている。しかし今の現実が本当の自分であるはずだ。今の現実を直視するところから、人生は始まると思う。

 『人生に意味はあるか』という本がある。人生に意味はないというのが結論のようだ。私もそう思う。人生に意味を与えるのは自分自身のはずだ。意味を探すのではなく、自分で人生の意味を定義するという姿勢が重要だと思っている。自分を探す暇があったら、今を楽しんだほうがよい。

 最も楽しいとは何かを定義しないと、楽しさはわからないが・・・ともかく、今日一日を生きる、精一杯生きるところから始めることだろう。ところで欲張りな女性というイメージのタレントの調査も行なわれている。
 
 第一は「神田うの」だ。世間の常識に捉われずに欲張りで生きているということを評価しているらしい。つまり私たちは世間の常識に捉われ、我慢することが多いということだろう。幸せというのは案外に世間の常識を離れたところにあるのかもしれない。

 第二位以下、松田聖子、叶姉妹、西川史子、細木数子、藤原紀香続く。自分らしく生きている女性たちだ。自分らしく生きるということは世間の常識から離れるということだ。それを人は自分らしいという。しかし、そのような生きかたがなかなか出来ないから、「人生を楽しみたい」という言葉になるのだろう。常識から一歩はみだすことからはじめてみませんか!
[PR]
by qzr02421 | 2008-03-11 07:40 | 評論