本を、旅を、世の中をどのように見るのか


by qzr02421
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2012年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

梅雨らしい季節となった

九州では大雨で被害がでている、阿蘇地域の地すべりは凄まじいものがある。山が崩れることがあることはわかっているのだろうが、前代未聞の雨で、今まで崩れたことがない場所がそのような被害にあっているのだろう。自然と人間の関係は、日本人にとっては自然の勝ちという感じなのだろう。欧米人なら自然を制御しようとするのだろうが、日本人は自然と戦うことがしないのだ。

自然を制御しようとする欧米人が発明した原子力発電を日本人が取り入れることがには無理があるようのきがする。自然災害だからしかたがないと思いやすい日本人は、放射線により災害も自然な災害と受けとりやすいような気がする。放射線のよる災害は自然災害ではない、それは欧米人が発明した人工的な原子力発電のよる災害だからだ。

福島の原発事故の原因を追究する報告書は人災だとしている。人災には間違いがないが、そもそも日本人は自然を制御するという発想を持っていないと思う。だから津波に対する備えをしなかったのだろう。原発が人工的なものということが分かっていれば、当然津波対策はしたはずだ。

電気は必要なのだろうが、上記のような自然観を持っている日本人と原子力発電は相性がよくないことには間違いがない。そういう意味で原発からは離脱したほうが良いと思う。相性が悪いものを使おうとすると、もっとひどい災害を引き起こすことになるだろう。原発の論議はいろいろあるが、相性で考えれば、原発はやめるしかないと思うのだ。

じめじめしている日本では、このじめじめに対応しながら生きることしかないのだ。アジサイなど眺め、雨を眺め、じめじめを楽しむのが日本人なのだ。ところで妻がベランダ菜園でプチトマトを作っているのだが、これがなかなか大きくならないのだ、どうしてだろう。
[PR]
by qzr02421 | 2012-07-14 09:20