本を、旅を、世の中をどのように見るのか


by qzr02421
カレンダー

<   2010年 01月 ( 30 )   > この月の画像一覧

サリンジャーが亡くなったニュースが新聞各紙が掲載していた。翌日には新聞の一面にある、朝日新聞でいえば天声人語でサリンジャーを取り上げていた。中日新聞でも日本経済新聞でも同様な扱いだった。それだけ20世紀に影響を与えた、あるいは新聞社の論説委員になるような人に影響を与えた人物だったのだ。サリンジャーが生まれたのは1919年という覚え易い年だ。「ライ麦畑でつかまえて」の出版が1951年だから、彼が32歳のことだったのだ。

おちこぼれた人間で人から好かれていないと思い込んでいる主人公が3日ほど放浪するという話だったようにおぼている。今の若者の原点のような主人公、アイデンティティなど追い求めようというのだろうか。疎外感を持つのは若者の特権で、それを忘れることが大人になるということだろう。夢を捨てるということかもしれない。夢を捨てないと大人になれないということだろか。

広いライ麦畑で遊んでいる子どもたちが、遊びに夢中で、崖から落ちそうになったとき助けてあげられる人間になりたいということが印象的だろう。サリンジャーの死も驚いたが、北森鴻さんが山口県で心不全で48歳で亡くなったニュースの方がもっとビックリした。サリンジャーは91歳だから、天寿をまっとうしただろうが、北森さんは48歳だ。

『狐罠』、『緋友禅 旗師・冬狐堂』などの作品が好きだった。図書館で新しい作品を探すのが楽しみだった作家の一人だった。心不全は誰しも起こりうることだが、実に残念だ。今一度、彼の作品を読み直したいと思う。
[PR]
by qzr02421 | 2010-01-31 11:47 |
裁判員制度と陪審制度とは違う。アメリカでの陪審員のほうが迫力があるような気がする。映画「12人の怒れる男たち」、これを劇に置き換えた作品がある。映画を見た時も感じることだが、12人で話し合う前に、このようなこと、つまり事件の証言の不合理な点、老人が15秒でドアまでなぜいけたのか、メガネをかけていない女性がどうして何十メー鶴も離れた殺人の様子を見えたのかなど、そのようなことがどうして法廷で、弁護士からでないのかということだ。映画や劇では弁護士が能力がなく、国選弁護人でヤル気がないという設定になっている。それにしても、法廷であったことが覆されてよいものだろうか、という疑問を持つのだ。

名古屋の千種座で「12人の怒れる男たち」を上演している。台本への要望はあるが、名古屋での劇としてはそれなりに位置づけてよい劇だと思う。名古屋のそれなりの男優が登場する。2時間10分の劇だが、集中して見ることができた。時間を気にせず見ることできた。時間があれば、もう一度見たい劇だった。明日まで上演しているが、満席に近いらしい。

最初にもっと話し合いをしたいという8号陪審員を劇団うりんこの大谷勇次さんが、最後まで有罪を主張する3号陪審員をドラマヤホンポの大嶽隆司さんが、怒りまくる10号陪審員を劇工房創芝社の深山義夫さんが演じていた。12人の男優がひとつの部屋で会話で演じるというのはスリリングなことだ。

ストーリーは映画と同じで、一人の犯罪者を有罪にするか無罪するかという話し合いをするものだ。一人の男が、もっと話し合いをしようというところから話しは展開を始める。裁判を聞いた人々は当然、有罪ということを確信していた。それでも、無罪かもしれなと話し合いをしようと思う人物がいることから物語が展開を始める。いろいろなことを感じさせる劇だった。結末が分かった劇を見るのは、ストレスがないといことは実感したというのが一場の感想だ。
[PR]
by qzr02421 | 2010-01-30 09:40 | 劇,映画その他

危機は突然に訪れる

中国で世紀という言葉は30年という時間を意味していた。西洋のセンチュリーは100年を意味している。このセンチュリーはラテン語のサエクルムという100年に由来するようだ。西洋では100年単位の時代区分意識があったということだろう。日本や中国では30年という世代交代の歴史認識があったのだろうか。

センチュリーという言葉に世紀という言葉をあてたのは日本人のようだ。明治維新後に訳したのだろから、日本で世紀を多くに人が意識したのはおそらく20世紀なのだろう。アメリカの国際政治学者ブレジンスキーは20世紀を「メガデスの世紀」つまり大量死の世紀と定義した。この定義は20世紀前半を後半から振り返ると出てくるものだ。

20世紀初頭、この世紀は繁栄の世紀となると予想されただろう。産業革命の成果を謳歌したロンドン、パリ、人間の春は来ると信じられたと思う。19世紀から20世紀を展望しようとした時、20世紀をどのような時代にしようと振舞うだろう。この振舞い方を考えたのが明治初期の政治家たちということになる。

日清・日露戦争で勝利し、第一次世界大戦で漁夫の利を得た日本の政権はわが世の春という気持ちだったに違いない。大英帝国のパートナー、帝国主義諸国の仲間入りという意識だろう。このまま繁栄すればよいのだと確信していただろう。危機は突然に訪れるのだ。今と同じ方法で進めばうまくいくと思った瞬間に滅亡への道となるということだ。
[PR]
by qzr02421 | 2010-01-29 12:43 | 歴史
古代ローマ帝国は、紀元前に共和政から帝政へ変化した。カエサルの養子であるオクタビアヌスは共和政に伝統を守りながら、帝政に移行した。彼は、彼が持っている全権を元老院に返すことを提案、その全権を元老院は使いこなすことができないので、オクタビアヌスにローマの支配を任せた。

3月22日まで愛知県美術館で「大ローマ展」を開催している。水曜日の3時頃行ってみた。すいている時間だというのに、予想より多い人がいたのでビックリした。まず、第1室に入るとアウグストゥスの胸像が出迎えてくれる。彼は当時の様式ではなく、古代ギリシアの様式を復活させて、自らの像を作ったという説明がある。以後、古代ローマの像は彼を真似た様式になったという。

第2室はローマ神話などを題材にした作品だ。アポロの像、アルテミスの像などが並んでいる。巨大なローマ帝国だからか、像も大きいように感じた。「イシスの儀式」というものがあった。イシスはエジプトのものではないのか。エジプトも支配したので、すべての神はローマのものになってようだ。エジプトとイタリアは皇帝の直轄統治の場所ということだ。

第3室は金貨、秤などが展示されている。はかりの分銅である牛の形をした錘が面白い。ビデオ上映がおこなわれ、ポンペイでの生活を再現していた。再現した映像を思い出しながら、次の部屋ではその実物が展示されている。ともかくデカイの一言だ。また、ローマ人は寝て食事をしたことは有名だが、それについてのベッドが映像では再現されていた。ポンペイの人々は余暇をいかに楽しむかを考えたそうだ。各地の富を独占したローマ人らしい発想だ。ともかくローマの偉大さを感じる展示ではある。一見の価値はあると思った。」
[PR]
by qzr02421 | 2010-01-28 14:11 | 劇,映画その他
バロン・サツマ曰く「飛行機は下衆だ、船だね。時間をたっぷり持てるかがヨーロッパでは高尚なライフスタイルなのです」と、それはそうだろう。たっぷりとした時間をもてあまさないのが貴族ということだろう。バロン・サツマとは誰のことか。薩摩治兵衛の孫ということだ。薩摩治兵衛は近江の貧農の出なのだが、横浜で木綿織物などで一代で巨富を築き木綿王といわれた人物だ。明治時代には一代で巨万の富を築いた人物がいたのだ。そういう時代だったのだろう。

その薩摩治兵衛の財産を湯水のように使ってしまったのが、バロン・サツマなのだ。もちろん鹿児島の薩摩藩とは関係がない人物だ。バロン・サツマ本名は薩摩治郎八、彼は18歳でオックスフォード大学に学ぶという理由でロンドンに行ったようだ。日本から仕送りは、現在のお金で毎月3000万円ほどだったという。この金額は実際には月の送金は当時のお金で1万円とあるようだ。現在の金額では7000万ともいう。

日本の現在の首相が母親からもらったというお金が2500万円というから、鳩山家に匹敵する大金持ちの御曹司ということだ。その仕送りで車と女遊びに熱中し、大学などには行かなかったようだ。ちなみに当時のサラリーマンの月給は30円くらいなのだ。さらにそのお金で、ラベル、マティス、藤原義江、藤田嗣治ら多くの芸術家と交際して、その多くの芸術家を支援したという剛毅な人物だ。

日本経済新聞で瀬戸内寂聴がバロン・サツマとの交流について書いていた。この人物の連載は24日で終ったが、このように湯水のように芸術のためにお金を使った人物がいるというのは、それなりに感動を覚える。美輪明宏がバロン・サツマから「君はお金を掛ければ掛けるほど、立派な芸人になれる」言われたと著書に書いてあるらしい。この人の伝記が藤原書店から出版されており、『「バロン・サツマ」と呼ばれた男―薩摩治郎八とその時代』著者は村上紀史郎なのだ。感動をする人生を生きた人だ。なお、74歳で徳島で亡くなった。
[PR]
by qzr02421 | 2010-01-27 16:55 |
八坂神社を西に下ると祗園にいたる、祗園には「建仁寺」がある。今日最古の禅寺だ。開山は栄西だ、開基は源頼家だ。鎌倉時代建仁2年に出来たのでその名も建仁寺なのだ。俵屋宗達の風神雷神図屏風が有名だ。ここにあるのはレプリカで、本物は京博にある。ここにあるのを本物と誤解する人も多いようだ。本物を思える迫力はあると思う。写真で見るより立体的に見える。

建仁寺はこれ以外は庭がよい。法堂、「はっとう」と読むのだが、ここには平成14年に創建800年を記念して描かれた双竜がある。これも結構迫力がある。建仁寺「方丈」に入る前の部屋でビデオが流されていて、これを見ると建仁寺の理解が深まるようだ。ここでこの双竜を描いた小泉淳作画伯の苦労話のビデオを見て、双竜を見ると、「なるほどそういうことか」と感じるだろう。これだけ大きいものを描くのは大変で、どこで広げたのかと疑問を持ったが、それも解決した。

建仁寺を南に向かい勅使門の東側から出る。すこし、南に歩く、東に向かうと「六道珍皇寺」に到着する。地獄への入り口である井戸があるという寺だ。いって見たが、井戸の場所が分からない。探していたら看板が・・・本堂の右側の格子窓から覗くと、そこに確かに井戸が・・・出口は嵯峨野ということだが、現在は出口はないそうだ。地獄へは行くだけで帰ることができないのだ。ここには先客でやはり井戸を探しているご婦人がいた。井戸を見て、「見た!」と言っていた。確かに「見た!」のだ。

その寺から西に行くと、「六波羅蜜寺」がある。宝物館600円払い、有名な「空也像」を見た。教科書に必ず載っている像だ。口から針金で六対の像が出ているものだ。この宝物館にはこのほか「清盛像」「運慶像」などがある。小さい宝物館だが、それなりの感動はある。ここから祗園に向かい、四条河原町に出て、さら烏丸四条に出ないと地下鉄に乗れない。祗園からバスで京都駅に向かったほうがよいのかもしれない。どうしよう?
[PR]
by qzr02421 | 2010-01-26 17:03 | 旅行
京都国立博物館の北側には豊国神社がある、さらにその北には方広寺がある。この寺の鐘が有名な大坂の陣の原因となった文字が刻まれたものだ。「国家安康」「君臣豊楽」の銘文で、家康を真っ二つに、豊臣が繁栄すると因縁をつけたものだ。100円でこの鐘をまじかに見ることができる。京博のあと行ったが、私しかいなかった。この寺を通り東の通りに抜けることが出来るので、抜けようとする人は結構いた。鐘を見る人はいないようだった。

豊国神社の西側には「耳塚」がある。秀吉の朝鮮出兵で朝鮮で集めた耳を供養したものだ。ここにも人はいなかった。朝から雨模様でこのようなものを見る人は少ないのだろう。そのあと北上し、「清水寺」に行った。さすが観光地という感じで、修学旅行の学生で一杯だった。最近の修学旅行は班単位で説明員がいるようだった。丁寧な説明で学生も熱心に聴いていたようだ。清水寺は坂上田村麻呂が建立したもので、清水の舞台の下には征服したときの蝦夷の武将アテルイとモレの碑がある。濡れ手観音が奥の院の裏側にあり、柄杓に水をくみかけると観音様が笑ったように見える。学生が見える、見えると騒いでいたが、わたしには笑いかけてくれなかった。心が素直ではないからだろうか?

清水寺の見学を終え、西に向かって下った。売店が賑やかだ。八橋の生地で作ったというシュークリームを売っていたが、八橋の味がするのだろうか。三年坂を降り、二年坂を抜け、「ねね」ゆかりの高台寺に出た。ここまでいくつか食堂があるが、結構な値段だった。観光地の食事は「高くてまずい」が定番だ。湯豆腐も2000円ほどだった。なぜかコンビニがないのは観光地だからか。

さらに東に歩くと、八坂神社にいたる。ここまで4キロくらい歩いたことになるのだろうか。東山地区の寺をめぐると歩くことになってしまう。八坂神社の主祭神は素戔嗚尊、これでは誰か分からないので和語で書くと「すさのおのみこと」とされ、この神は疫病退散の神とされたので平安時代に社会不安が高まると祇園信仰となっていく。876年に疫病が流行したので神泉苑で御霊会をおこない、これが祇園祭の起源であるといわれているのだ。
[PR]
by qzr02421 | 2010-01-25 14:48 | 旅行
京都国立博物館で「ハプスブルク」展を開催している。大阪に行ったついで?に行ってきた。副題は「美の帝国、その全貌」という大それたものだ。金曜日に行ったのだが、結構の人でにぎわっていた。1869年に日本とオーストリア・ハンガリー二重帝国は国交を樹立したので、その140年を記念して開催されたものだ。こういう展示を見ると、日本はオーストリアにどれくらいのお金を払っているのか興味をもってしまう。どんな展示会もお金が動いているのだ。経済大国第3位に落ちたといっても、こういう文化には結構お金を使っているのだ。

この展示は「ウイーン美術史美術館」と「ブタペスト国立西洋美術館」の所蔵品から、ハプスブルクゆかりの絵画などを展示したのものだ。教科書などに掲載されている絵などがあり、楽しめるものだ。それにしても、これだけの絵画などをハプスブルク家は購入したのだ。どれくらいお金を使ったのだろうか。買いすぎて国家の財政破綻をまねいた皇帝がいるそうだ。

作品は、デューラー、ベラスケス、ルーベンス、ラファエロ、ティツィアーノそしてゴヤまで16世紀から18世紀のヨーロッパ最盛期の名画の展示はすばらしいものだった。貴族が自分を過去の英雄に似せて描かせるという作品も時代を感じる。パウロは剣と聖書を持つという絵画の約束がある。このパウロの顔が依頼主の顔ということだ。絵画を見ながら歴史を感じることがたのしいことだ。

ハプスブルク展は京都国立博物館で3月14日まで開催している。常設展が建物の建て替え中で見ることが出来ないのは残念だ。せっかく京都に行くのなら、東山を散策するのもよいだろう。久しぶりに清水寺に行くのもよいものだ。春になって旅の季節となっていく。
[PR]
by qzr02421 | 2010-01-24 15:40 | 劇,映画その他
大人になると世間がわかったような気がするとは本当だろうか。分かったフリをしているだけではないのか。フリでもしていないと大人と思ってもらえないのか。本当の自分はあるのか。ラッパ屋の脚本家ありその主催者でもある鈴木聡さんは、「世界の秘密に触れた気がするフレーズ」を書き溜めているそうだ。そのフレーズが溜まったので、そのフレーズをぺらぺら喋る登場人物が出る作品を書いたのだ。

それが「世界の秘密と田中」という作品だ。ラッパ屋は名古屋で公演をしないので、大阪か東京でないと見ることができない。そうだ北九州でも公演するようだ。名古屋飛ばしのひとつの例だろう。客は入らないと、来ないのだろう。大阪公演は終ったので次は北九州で1月23日・24日と公演をする。大阪で見たのだが、2時間10分の劇を時間を気にせず見ることが出来た。ラッパ屋は比較的役者の年齢が高いような気がした。

田中という人物は、バッタ物の煎餅?を売っているが売れない、恋人がいるのだが、倦怠期という状態で登場する。他にもサラリーマンで定年を迎えるが、俺はいままで何をやっていたのか、心にぽっかりと穴が開いていると思っている村田という人物、脱サラをして「俺は枯れた、何も興味がない」などという田部とう人物、さらに世界の秘密を知っているという玉村という人物などが登場する。

田中が自分の悩みを玉村に相談に行く。玉村が「今を考えることですよ。今どのように生きようとするかが大切で、本当の自分などはいないのです」とアドバイスする。ヤル気になった田中は仕事が順調にいき始めるのだが、今度は恋人が悩みを抱える。村田は田中の住んでいるアパートの住人である大須賀という女性と・・・田部は田部で田中のお母さんと・・・そのあげく村田は・・・田中の恋人と玉村が・・・と芝居は進んでいく。「あ~あ~」といううちに劇は終わった。人生、生きることというのは結構いいものだという気がした劇だった。
[PR]
by qzr02421 | 2010-01-23 12:15 | 劇,映画その他

シェールガスとは何?

エネルギー問題で石油がなくなるとか、二酸化炭素で温暖化するなどの問題がある。日本の電気は天然ガスが主体となり石油依存からは離れた。自動車もハイブリッドや電気自動車で対応し、これも石油依存から離れようとしている。石油は燃やすことなく、それ以外の用途で利用する方向が見えてきたようだ。日常生活で必要な火力や電気をどのようの確保するのかが焦点になる。

天然ガスで発電や火力を維持しようとすると、その値段が気になるのだ。いま全米で「シェールガス」という新型の天然ガスが大増産され、その余波が世界中に及んでいるのだ。シェールガスとは、泥土が堆積して固まった岩の層に閉じ込められているガスのことで、今までは採掘の技術がなく取り出すことができなかった。最近その技術が開発され、そのガスが取り出され始めた。これは小さな?燃料革命だろう。

アメリカの輸入依存度は28%から3%へと大幅見直しがなされたのだ。当然アメリカへ輸出をもくろんでいたカタールには大打撃を与えた。ロシアは長期契約で欧州にガスを輸出していたがこれも3割減少することとなった。当然天然ガスの値段は下がり、買い手市場となっている。ロシアからのパイプラインに依存してきた英独仏をはじめ欧州各国は、これをきっかけにロシアの呪縛からのがれようとするだろう。ロシアのエネルギー戦略も見直しが必要となった。

技術革新、イノベーションが世界を変えていくとは授業で話していることだが、それが現実のものとして見えるということは感動という言葉以外何もない。世の中は連続しているのではなく、不連続な部分があり、歴史は変化していくこと見せてくれる話が、この「シェールガス」だと思う。ビックリしたニュースだった。
[PR]
by qzr02421 | 2010-01-22 13:21 | 日常