本を、旅を、世の中をどのように見るのか


by qzr02421
カレンダー

<   2008年 05月 ( 55 )   > この月の画像一覧

男はそれを我慢出来ない

映画を3本、劇を1本紹介しよう。
まず、「サムサッカー」という映画だ。サムは親指でサッカーは吸うというような意味だ。主人公が親指を吸うのだ。その原因を探るのだか、結局は原因はよくわからない。原因を探る歯医者がなんだか病気のようだ。両親もちょっと悩みを抱えているようだ。弟も元気なのだか、兄さんが病気なので元気な振りをしているだけのようだ。誰だって悩みを抱えて生きているということを伝えたいのだろうか。後ろの人は『分からん映画だ』とつぶやいていた。分かったような分からない映画だ。

誰しも悩みを持っている。悩みの答えは無い。答えの無い悩みを抱えて生きるのが人間なのだというメッセージのような気がした。主人公はニューヨークの大学に進学するところで終る。親離れ、子離れの話のような気もする。母親は男の子を育てることの悩みを持っているようだ。父はスポーツ選手だったのだが、怪我をして引退している。その引退が悩みの原因のようだ。誰しも何らかの悩みがあるのは当然だ。

次は「男はそれを我慢出来ない」という映画だ。日本の映画はセリフが聞き取りにくい。そのように妻にいったら、「洋画は字幕があるから、気にならないだけじゃない」いわれた。なるほどそうかもしれない。映画は下北にソープランド計画があって、それに反対するという話だ。実は経営者天狗だというオチである。どのように解決したかというのが、またバカバカしいので省略する。

最後の「プライベート・ライブス」という劇だ。二組の新婚旅行中の男女のカラミの劇だ。1組目の男性と2組目の女性が前の夫婦で離婚しているという設定だ。この男女が愛の目覚めパリに逃げるという話だが、しかし・・・。楽しい2時間ちょっとの劇だった。テンポのよい会話が心地好かった。

「フラガール」という映画だ。時代の流れで閉鎖されていく常磐炭坑に出来たハワイで踊るフラガールが誕生するという感動的の話だ。始めは反対していた人々、まとまっていなかったフラガールたち、それらが一体になってハワイを盛り上げていくというのだ。指導した女性はまだ70歳だそうだ、しかも現役で指導をしているという。良い映画だ。日本の映画は声が聞こえにくいと前回書いたが、この映画の声は良く聞こえた。撮りかたも問題なのだろうな。フラダンスの素晴らしかった。炭鉱の娘がダンサーになるというのがいいのだろうな。今でもこのハワイは繁盛しているという。炭鉱は閉山したが、これは残っている。先見の明があったということだ。

 
[PR]
by qzr02421 | 2008-05-31 22:53 | 劇,映画その他

悩みの答えは無い!

映画を二本、劇を1本紹介しよう。
まず、「サムサッカー」という映画だ。サムは親指でサッカーは吸うというような意味だ。主人公が親指を吸うのだ。その原因を探るのだか、結局は原因はよくわからない。原因を探る歯医者がなんだか病気のようだ。両親もちょっと悩みを抱えているようだ。弟も元気なのだか、兄さんが病気なので元気な振りをしているだけのようだ。誰だって悩みを抱えて生きているということを伝えたいのだろうか。後ろの人は『分からん映画だ』とつぶやいていた。分かったような分からない映画だ。

 誰しも悩みを持っている。悩みの答えは無い。答えの無い悩みを抱えて生きるのが人間なのだというメッセージのような気がした。主人公はニューヨークの大学に進学するところで終る。親離れ、子離れの話のような気もする。母親は男の子を育てることの悩みを持っているようだ。父はスポーツ選手だったのだが、怪我をして引退している。その引退が悩みの原因のようだ。誰しも何らかの悩みがあるのは当然だ。

次は「男はそれを我慢出来ない」という映画だ。日本の映画はセリフが聞き取りにくい。そのように妻にいったら、「洋画は字幕があるから、気にならないだけじゃない」いわれた。なるほどそうかもしれない。映画は下北にソープランド計画があって、それに反対するという話だ。実は経営者天狗だというオチである。どのように解決したかというのが、またバカバカしいので省略する。

最後の「プライベート・ライブス」という劇だ。二組の新婚旅行中の男女のカラミの劇だ。1組目の男性と2組目の女性が前の夫婦で離婚しているという設定だ。この男女が愛の目覚めパリに逃げるという話だが、しかし・・・。楽しい2時間ちょっとの劇だった。テンポのよい会話が心地好かった。
[PR]
by qzr02421 | 2008-05-31 06:27 | 劇,映画その他
売新聞社が調査した結果、何かの宗教を信じている人は26%で、信じていない人が72%という結果がでた。この調査は「宗教」を定義していなのでどのように解釈してよいのか困るのだ。

もともと日本人は昔から、特定に宗教を信じるということがあったのか。奈良時代の鎮護国家だって国家宗教だ。行基が民間に布教をしたようだが、民衆がどれだけ当時の仏教を理解したのか分からない。「ありがたい教え」という程度だと思う。

なんでもよいから、今現在の苦しみを取り除いてくれればよいと思っていたように思う。平安時代の浄土教も、滅法の対して極楽浄土へというものだ。現在でも極楽浄土と天国を同じものだと思っている人がいるに違いない。

宗教というにはキリスト教のような一神教が明治時代に西欧文明とともに流入して、ほわ~とした日本の宗教は宗教ではないとヨーロッパの見方が日本人の意識に定着したためだと思う。一神教は多神教より上位にあるわけでない。文化の違いなのだ。神様はたくさんいたほうが、自分好みの神様がいるかもしれないのでよいと思う。こればかりはオンリーワンということはよくない。

宗教心の問では「日本人は宗教心が薄い」と思う人が45%、薄いとは思わない人が49%というわけだ。また、先祖を敬う気持ちを持っている人は94%で、「自然の中に人間の力を超えた何かを感じることがある」という人も56%という結果だ。

生きるということは宗教を持っているというように定義すれば、ほわ~という宗教の包まれているのが日本人の精神構造ということになる。ちょっと前にはやった、スピリチュアルも何かに包まれているということのようだ。多くの日本人は、特定の宗派からは距離を置くが、人知を超えた何ものかに対する敬虔(けいけん)さを大切に考える傾向が強いということだ。

死んだ人の魂については、「生まれ変わる」が30%、「別の世界に行く」24%、「消滅する」18%という結果だ。半分以上が魂の存在を信じているということだ。これは何か恐ろしいことのように思う。死んだら消滅しなくては、精神世界が人口過剰になってしまうのではないか。魂はどこから来たどこに行くのか?まあ考えるのは楽しいことだと思う。

生まれ変わると思っていたほうが、それが真実の時、慌てないですむから、そっちがよいか?何事も準備が大切だということだ。
[PR]
by qzr02421 | 2008-05-30 13:32 | 評論

天井から覗かれる?

「最近物騒になってきた」という会話をよくきく。殺人、泥棒、変質者、引ったくりなどが多くなってということがその内容のようだ。「最近」というのは何時と比較してのことだろうか。

人間は、「自分の周りにあるだろう経験」と比較して「最近」という言葉を使っているように思う。犯罪は第二次世界大戦後にピークに達し、その後は減少しているというのが統計上の判断らしい。戦争中は犯罪は多いのだろうか。統計がないことは分からないことが多い。

犯罪は急に増えて、変質者が増えたのではなく、平和が続き、そのような犯罪が目立つのではないだろうか。ニュースで「屋根裏に住みついた女性という」のがあった。そんなことが実際あるのかという事件だ。空き巣に入り、その家の状況を知り、留守が多いということで住み着いたらしい。

住人がいるときには、トイレが我慢して、住人が出かけたら、トイレをすませ、冷蔵庫からモノを出して、食べていたらしい。住人がモノが減るのがおかしいと、監視カメラをつけ、御用のなったという事件だ。

江戸川乱歩の『屋根裏の散歩者』を思い出される事件だ。この作品は屋根裏に住んでいる人物が、天井から下の住民の生活を覗くというものだ。覗かれるという気持ち悪さで成立している話だ。誰もいない部屋でくつろいでいる人を覗く人という設定だ。映画かもされている。

『人間椅子』という作品もある。椅子の中に人間が入っていて、その人間の上に人が座るというものだ。椅子の中の人物が座っている人も体を包むというのだ。椅子の中に人がいると想像すると気持ちが悪い作品だと思う。

このような作品が明治から大正そして昭和の初期に書かれていたのだ。実の変質的な作品多い。江戸川乱歩の作品を読めば、変質的な人が昔からいたということが分かる。人間の本質はそんなに変らないということだ。
[PR]
by qzr02421 | 2008-05-30 11:08 |
「戸惑いの日曜日」という劇がある。以前見たのだが、再演されるようだ。佐藤 B作演出・主演である。ドタバタの喜劇かな?佐藤B作はガンという記事があったが・・・

以前住んでいたマンションに結婚報告しに来た娘とその相手、そこにそのマンションの住人が帰って来る。そこでおこるドタバタ。立ち居地、台詞回し、目線、音楽など気にしながら観るとなかなか楽しい芝居だと思う。しかし、次どのようになるのかとストーリを追っていると、ついつい場面に集中してしまって、こまかいところを見忘れるのだ。

それはそれでよい事だ。演出をしながら主演をしている佐藤B作は上手い役者だ。その妻のあめくみちこも良い。佐藤のダメだしは、細川ふみえには優しかったと、あめくみちこがテレビで言っていた。あめくみちこはB作の三人目の妻だそうだ。

「竜馬の妻とその夫と愛人」も面白かった。この劇はあめくみちこの気風のよさを感じた。演劇はまず楽しくなくてはいけないと思う。笑いあり、涙あり、ドタバタありというのがよいのだと思う。
[PR]
by qzr02421 | 2008-05-29 14:02 | 劇,映画その他

森と小川が戻ってくる

人類が突然いなくなったら、この地球はどう変るのかを科学者たちの予測をもとに、米国のテレビ局が描いた。

人類滅亡から6ヶ月でオオカミや山猫が都市近郊では走り回り、5年後には都市部はツタや樹木で覆われる。1000年後には都市は消え去り、森と小川が戻ってくるというのだ。

温暖化の問題が騒がれている。温暖化の本当の原因は人類の存在ということがわかる。地球環境問題のスタートは「持続可能な開発、成長、発展」がスローガンになっている。成長しながら、環境をよくしようというのだ。そんなことが出来るのだろうか。

まさか江戸時代には戻れない。持続したい欲望もある。大量生産・大量消費ということが根底にある。水はけが良いコンクリートというのが開発された。結局石油を使い、コンクリートを作り、舗装するのだ。道路も作るというのだ。

ガソリンが170円になるという話もある。車が走れなくなり、それでも道を作るということか。大量生産・大量消費ということを見直さないかぎり、地球の環境は守れないのではないのか。

リサイクルも叫ばれているが、商品を買わないという生きかたを模索する時代のような気がする。商品を買わないということは資本主義が縮小するということでもある。
[PR]
by qzr02421 | 2008-05-28 17:25 | 評論

人間開発指数

ハイチの歴史を読む。フランス革命の頃独立を達成したカリブ海の国である。しかも黒人中心の国である。フランスの植民とで砂糖で豊かになった。カリブ海の真珠という。フランス革命の重自由主義・国民主義の動きの中で自由化しようとしたが、本国フランスの圧力でできない。そこで独立というわけだ。

モノカルチャーで繁栄していたが、黒人中心のなると仲間割れ?で貧乏国になってしまう。その後アメリカの支配やフランスかぶれのエリート支配者などのことがあり、現在も貧乏のままということだ。日本人には馴染みのない国かな?バナナペーパの国だそうだ。日本の援助しているらしい。

人間開発指数でも現在のハイチは最下位に近いという。指導者が混乱すると政治も停滞するし、国民の意識が低いということも原因かもしれない。19世紀に独立したというのに、世界史の教科書での独立したということだけのっているというのに、その後の歴史はあまり幸福ではないようだ。
[PR]
by qzr02421 | 2008-05-28 11:01 | 歴史
建築の本を読む。日本は古来から右優位だそう。中国から左優位がきたのだ。ということで、物によって左優位だったり、右優位だったりする。扉は右前だそうだ。着物も右前である。お雛様はどうだったかな?

右近の橘、左近の桜だと、どっちが上位なのか?左大臣の方が上位だ。左が優位のなのは中国伝来というわけだ。中国伝来の律令制度では、左が優位だが、日本人の本性は右有為だから、当時も右が左かでストレス社会だったのではないか?

また、「は」と「が」の違いについてだ。初めて出た場合は「が」を使い、二回目以降は「は」を使うらしい。あるところにおじいさんとおばあさん「が」いました。おじいさん「は」山へと使うということだ。日本語教師という仕事があるが、このような違いを教えるのだろうか。

その後のこの本の記述は法律に入っていくため、あまり面白くなくなる。しかし、日本は法治国家ということはわかる。しかし建築基準法でも不法建築の時効は10年ということだ。10年一昔というか、10年不法の建築があれば、しょうがないということで認められるのか。

日本は法治国家で、中国は党治国家で、中東は宗治国家だと言った人がいる。中国は共産党という党治国家で、中東はイスラム教という宗教の宗治国家というわけだ。どんな紫外でも、人々が幸せに暮らすことができるならよいのだが・・・中国の四川の地震、ミャンマーのサイクロン、中東の民族紛争、日本では隣の男が殺人、物騒な世の中だ!
[PR]
by qzr02421 | 2008-05-27 15:17 |

女の幸せは男次第

細木数子がどのような人か知らないが、テレビで見た印象があるに過ぎない。彼女の占いの師匠が安岡正篤だ。安岡は陽明学者で、蒋介石や昭和天皇とも面識があり、歴代の首相が師と仰いだ人物だ。

細木は安岡の妻という噂もあった。真相は分からないが、細木数子の占いに安岡が影響を与えたことは推測できる。細木が45歳の時85歳の安岡と出合ったということだ。

安岡の思想は次のようなシンプルなものだ。
・自殺はするな(ホントにその通りですね)
・ルールを守れ(最近は守らない人が目立つような気がします)
・男の出世は男次第(女は念頭にないのでしょうかね、女の出世は?)
・女の幸せは男次第(いまはどうでしょう、逆だったりして?)
・人生にはリズムがある、時々休め(無理やりリストラで・・・)
・ダメな時は別の道を行け(ほかに道が見つかればよいけれど・・・)
・心配を他人のせいにするな(人は失敗をして成長するのだ、恥かいて生きるのだ)
・祖先を敬え
・子どもを中心に家族はあれ(親も自分の人生を生きるべきだと思いますが)
・自由に生きよ(生きることができるとよいですね)
・易は変化と精進の学問であって断じて運命にひざまずくことではない

細木のテレビでの発言も、口は悪いが、同じ流れだろう。安岡の思想は、生きていくうえで参考になる教えだと思う。

養老孟司は、「知るということは生き方が変ることだ」というようなことを言っている。そういう意味では、安岡の思想を知って、生き方が変らなければ、彼の思想を知ったことにはならないのだろう。
[PR]
by qzr02421 | 2008-05-26 18:26 | 評論
 『キャラメルミラクル』で、著者は「へ~そうなんですか」「それってすごいことなんですか」「おしえてください~」という視点でキャラメボックスを取材したと書いている。普通の人が見た、キャラメルの劇をあまり見たことがないという視点だ。

 先入観を持たない姿勢は参考になるような気がする。普通の取材は対象になっているものを調べ、作家などなら作品をある程度よんでいくものだ。何を聞いたらよいのか、質問する内容を考える必要があるからだ。

この本の著者は、相当の好奇心があるからできることのようにも思う。何も知らずに、好奇心だけで取材に行って、的を得た質問ができるのだろうか。キャラメルは年間3万人の動員力があるという話を聞くと、「それってすごいことなんですか」と聞いてしまうのだ。

それはともかく、何も知らずに取材したとは思えない内容の本だった。「へ~そうなんですか」「それってすごいことなんですか」「おしえてください~」という視点は視点だけで、十分に下調べはしたとしか考えることができない。

キャラメルの代表的な人物加藤さんは「トラブルが起きても、それを苦痛とせず立ち向っていくパワー」があるそうだ。「トラブルを楽しむ」ということが出来る人なのだろう。キャラメル全体に「悪いほうは考えない」「頑張れば何とかなる」という雰囲気があるようだ。

「トラブルを楽しむ」というのは面白い発想だ。トラブルがあれば、どのように解決しようかということを考えるという、それが楽しいということだ。ある意味、トラブルは人生につきものだ、それの解決なくして人生はないともいえる。「トラブルを楽しむ」座右の銘にしたいものだ。
[PR]
by qzr02421 | 2008-05-26 07:23 |