本を、旅を、世の中をどのように見るのか


by qzr02421
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

トイレの掃除状況?

何事も「情報」を人より早く得るということは重要なことだ。これを「情報戦略」というらしい。また、得た情報を操作するということもまた重要なことだ。これを「メディア操作」という。世の中の情報は、何らかのバイアスがかかっているということを念頭に置くことが必要ということだ。

政府などが情報を「リーク」している可能性もかんがえる必要がある。別の筋が情報をつかんで発表しようとしたので、政府などがあわてて情報を公開することもあるようだ。情報の吟味することは難しいことだ。情報は新聞や雑誌、テレビなどだけではない。日常目に入るすべてのモノが情報なのだ。

たとえが、企業のトイレの掃除状況、窓ガラスの汚れなども情報となる。業績が悪化した企業はトイレの掃除まで手が回らないことが多い。しかし、このことを理解する経営者なら、外見を豪華にする可能性もある。豪華なホテルでの発表会などで、ごまかされてはいけないということだ。

情報は、意識しないと見えてこない。ありふれた日常は案外注意しないものだ。では、どうしたらよいのか。それは「直感」しかない。歴史学者には「直感」が必要といわれる。史料は完全には揃っていない、史料と史料の間を埋めていくのが「直感」なのだ。では「直感」をどのように養えばよいのか。それは多くの「知識」を咀嚼することにより養うことができるということだ。つまり活字をたくさん読み、多くの情報を得る努力をするということだ。
[PR]
by qzr02421 | 2009-03-13 10:47 |