本を、旅を、世の中をどのように見るのか


by qzr02421
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

「怒りは無知、おごりは無能、泣くは修行、笑いは悟り」

『間の極意』をさらに続ける。

人との接し方のまとめだ。                            

1、つとめて笑顔で、素敵な笑顔の作り方は鏡にあるのだ

2、お金と時間にルーズな人は嫌われる、時間を守ろう

3、挨拶・お礼・お詫び、当たり前のことをきちんと、付き合いを大切に

4、TPOはわきまえよう、これが難しいことなのだ

5、いい格好をしようとするなかれ(背伸びをしない) 

6、いばらない、能力がある人ほどいばらないのだ!

7、下手に出ること、謙虚になることは卑下することではない 

8、自信をつけるものを見つける、見つかるとよいよね!

9、気を遣うこと(相手の気持ちになるということ)

10、相手の話をきちんと聞くこと、これができたら上出来だ!

11、これ「しか」できなかったのではなく、これ「だけ」できたと考えること(60点合格主義)

12、済んだこと、失敗はくよくよ悩まない、過去は振り返らないこと 

13、イメージトレーニングをする(不測の事態にどう対処するかシュミレーションしておく) 

14、腹が立つのは、自分の思いどおりにことが運ばないから、これが一番大切なことだ! 

15、できそうもないことを頼まれても、すぐには否定しない(否定するのは自分の成果を狭くすること) 

16、感情を抑える必要なんかない、抑えなくてはいけないのは暴走しそうになる自分の「我」や「意地」だ 

17、気持ちの逃げ場をつくる、人にも逃げ場を作ってあげよう 

18、勝負はあきらめたときにつく、あきらめることも大切だ! 

19、人の財産はお金ではなく、信用だ、全くだ!

20、お世辞、おべんちゃら、心に感じないことは言わない(心に思ったよいことだけを言うこと) 

21、でしゃばらない(俺が、俺が・・・はダメ) 

22、メリハリをつける(間を考える) 

23、付かず離れず(適当な距離間) 

24、いやなことから逃げない(ちょっと嫌なことでも引き受ける) 

25、責任転嫁はしない、できるとよいよね 

26、話のきっかけを用意しておく 

27、順応性を持とう(状況を受け入れる、ざっくばらんに付き合う) 

28、バラドックスを効果的に(逆説、視点をずらす、想像力を働かせる) 

29、空気のように、水のように(普段はありがたみがないが、ないと困る存在になる、これが粋というもの)

30、繊細かつタフに(繊細なものをタバにすれば強くなる)

「怒りは無知、おごりは無能、泣くは修行、笑いは悟り」これが太鼓持ちの哲学だ。
[PR]
by qzr02421 | 2008-04-21 15:02 |