本を、旅を、世の中をどのように見るのか


by qzr02421
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

心理テストの作り方、相性

心理テストの構造をさらに続けよう。「顔のニキビ」の続きということだ。相性診断をしてみよう。①右(向かって)上は理性+クール、②左上は感情+クール、③右下は理性+ホット、そして④左下は感情+ホット、①②③④を彼と彼女で選んでみましょう。

「どれ」と「どれ」になりましたか。①①タイプは「私がナントカしましょう派」です。二人が何とかしようとするとケンカになりやすいです。同じようなタイプはあまり上手くいかないでしょう。相性度は50パーセントくらいにしましょう。どっちが自分を抑えると、上手くいくのですが、トラブルの時には地がでます。旅行へ行った時、疲れてくるとケンカが始まります。道に右に行くの左に行くのかでもケンカになるでしょう。

①②の組み合わせは「私がナントカしましょう派」と「罪擦り付け派」の組み合わせです。本当は男女の選び方で変るのですが、細かい話なので省略します。罪を擦り付けても何とかしようとするので、上手く行く組み合わせです。ただ余り擦り付けると、何ともできずにパニックになる可能性があります。擦り付ける人がほどほどにできるかどうかが鍵になるでしょう。相性度80パーセントです。

①③「私がナントカしましょう派」と「私は間違ってません派」の組み合わせです。この組み合わせは微妙です。何とかしようといっているのに、私は違うというので、何とかしようとする気がなくなってくるのです。①の人がめげるのです。相性度30パーセントです。

①④「私がナントカしましょう派」「ウロウロ派」です。この組み合わせは上手く行きます。何とか派がどんどんリードしてくれます。ウロウロしていると解決できていくのです。相性度は100パーセントです。

あなたと彼(彼女)の組み合わせはどうですか。説明してほしい組み合わせがあればコメントで質問してください。
[PR]
by qzr02421 | 2008-03-21 07:59 | 日常