本を、旅を、世の中をどのように見るのか


by qzr02421
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

道徳を教えることができるのか

道徳を学校を教えたほうがよいという話がある。道徳を教えることができるのだろうか。道徳というのは人の生き方の問題だ。過去に生きた人の例を示すことはできるが、過去の人は過去の時代で生きたので、現代でそのように生きることができるかどうかはわからない。人に親切にした人を示して、人に親切にしたほうがよいといっても、言われた人が、親切な人になるのだろうか。

定時制で教えているのだが、定時制高校には遅刻や欠席をする生徒が多い。遅刻や欠席が悪いという意識がないようだ。もちろん、遅刻や欠席をしないようにと指導はするのだが効果はないようだ。自分の欲望を優先して、自分の快楽を追及する生徒が存在する。一方では遅刻も欠席もしない生徒も存在する。この差はどうしてできるのかが、実はよく分からないのだ。

遅刻や欠席が多い生徒でも、成績がよく、決められた出席をすれば定時制高校を卒業をすることはできる。しかし、就職は進学ができるかどうかといえば、それは無理なようだ。企業では遅刻や欠席をする人を採用しようとはしないのだ。もっと人間性を見て欲しいといっても、その場にいないひとは対象外となるのだ。結局遅刻や欠席が多い生徒はフリーターのようなものにならざるをえないのが現実なのだ。

道徳を教えることはできないような気がする。もちろん、過去で道徳的に生きた人を教えることができるのだが、それは知識でしかないのだ。正直に生きた人がいました、それで終わりなのだ。正直に生きて得をしなかったいう現実を生徒は知ることになるかもしれない。正直に生きることと幸福になるということは次元が違う問題だ。不幸になることがあってとしても、正直にいきることが大切なのだが、それを教えることが難しいことなのだ。基本的人権とどのような関係になるのが問われることとなる。日本国憲法で人は幸福を追求することができるとあるのだが、幸福と正直とどっちを取ればよいのだろうかということを考えることが道徳だと思う。
[PR]
by qzr02421 | 2013-02-21 20:59 | 日常