本を、旅を、世の中をどのように見るのか


by qzr02421
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

知ることは行動が変わることなのだ

難しい哲学書を読むのは好きでないのだが、授業で話さなくてはいけないので読むのだ。朱子学について語る必要があるので、朱子学と陽明学の本を何冊が読んだ。朱子学は難しい。理気二元論、世の中は気で出てているという。気の集散で物体などができるというのだ。これはアトムのことか。アリストテレスの質料かなのか。昔は朱子学の理と気を質料と形相になぞらえたが、最近はそのようなことはしないようだ。

気の背後には理が控えているのだ、気の秩序を与えているのは理なのだという。分かったようで分からない話だ。哲学とか宗教というものは信じることが大切なような気がする。理や気は見ることができないのだ。朱子学で気は見ることができるという。気が行動の表れるからだそうだ。基本的に儒学は性善説を取っているので、仁義礼智は人間の本性らしい。気と理がシンクロしていれば、人間は本当の生き方、朱子学風にいえば本性の生き方ができるのだ。シンクロといえばエバンゲリオンのようだ。性即理となるのだ。

シンクロというのはキーワードになるような気がする。人と人もシンクロすることが大切だ。人とモノとはシンクロすることも大切なことだろう。出会いとか相性とか赤い糸というものもシンクロの結果のような気がする。シンクロという言葉を大切にしたいものだ。朱子学では人間は知ることができれば変わることができるという。シンクロということが納得できれば人生が変わるのだ。朱子学の場合はまず学習が大切なのだ。

陽明学の場合は知ることが行動が一致することが大切だととく。学習して時間をかけて納得して行動をおこすのは遅いらしい。教員は学習が好きだ。課題があるとまず学習という意見がでる。まるで行動することを嫌がっているようにも見える。陽明学は学習して行動しろというのだ。学習イコール行動、これを知行合一という。江戸時代後半の大塩平八郎がどの代表だ。原発は危険だと知れば、原発即時廃止というようなものだろうか。知行合一というのは正しいように感じるが、世の中そんなに簡単に変わるものなのだろう。変わるためには時間がかかるような気がするのだが・・・
[PR]
by qzr02421 | 2013-02-09 18:16 | 日常