本を、旅を、世の中をどのように見るのか


by qzr02421
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

いろいろなことがあるのが人生なのだ

長野では氷点下10度になったという。昨夜は水道管が破裂した夢を見たので、長野にある家は大丈夫だろうかと心配した。心配が実際になった。長野に家の隣にある人から、水道管が破裂したようなので元栓を締めたという電話があった。予想が当たったのだ。くじはあたらないのだが不幸があたるのだ。妻のそのことを言ったら、交通事故で死ななかったのだから、その程度で済んだことに感謝しましょうといわれた。太っ腹な妻に感謝しなくては・・・

早速水道を治そうと水道屋さんに電話したら、すぐに修理にいってくれた、ありがたいことだ。隣の人は破裂して水浸しになった部屋を雑巾などで拭いてくれた。これもありがたいことだ。自分自身もそのようにしなくてはという思う。明日は長野に行こうと思い、車の様子を見に行った。見に行かなくてもよのだが、これもいやな予感があったのだが、なんとパンクしていた。

これもすぐに修理のために電話をしたのだが、今のスタッドレスは古いのでこれを機会に買い換えようと思って、相談したら、4本で10万円を超すとのことだ。水道は破裂して水道代を払い、配管と蛇口を修理をして、さらには水浸しの床の修理、長野への往復など年末の多大の出費となった。妻に言わせれば、その程度で済んだのでよいのだという。

人間万事塞翁が馬という、今日の不幸が明日の幸になるのかもしらないし、そのように思わないと生きていけないということかもしれない。その程度で済んだのだと思う妻に感謝しなくていけないと思うのだ。その程度、実にすばらしい言い方だと思った。それにしても年末どうしてこのような目にあうのか、僧思ってはいけないということが分かっていても、やはり思ってしまう。これが人間の業ということなのだろう。
[PR]
by qzr02421 | 2012-12-29 19:04 | 日常