本を、旅を、世の中をどのように見るのか


by qzr02421
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

「それは専門ではない」という言葉を封印したいものだ

朝鮮人参は本来はお腹の病気の効果があるそうで、つまり蹴りや便秘に効能があるということだ。腸を調整して下痢を便秘を治すのだ。現在はこの朝鮮人参の成分を分析して、下痢に効く薬と便秘に効く薬と二種類作っているようだが、もちろん腸を調整する薬もあるのだろうから、3種類あるのだろうか。

朝鮮人参の成分分析のとき下痢に効く成分と便秘に効く成分を取り出し、効果が分からない成分は廃棄するそうだ。ところで人間は朝鮮人参の飲んで、どのようにして身体は便秘に効く成分と下痢に効く成分とは選り分けていくのだろうか、それは身体自身が判断しているのだろうか。下痢をしている下痢を止める薬と飲んだほうがよいのかどうかは、分からないものだ。悪いもの排泄するという意味では下痢がそこそこ続くことが必要なことかもしれないではないのか。

現在の薬はある症状の特化してそれを治そうとする。それはそれでよいのだが、もっとぼや~とした薬というものがあってもよいと思う。今はいろいろなことが特化されている。特化していると効率的なのだが、それではその特化したものしか利用することができない。昔の学者はあらゆるものを研究した、いわゆるスーパーマンのような学者が多かった。レオナルドダビンチやアリステレスのようの人物のことだ。

学者が「それは専門ではないから」とよく言っているのだが、これも専門に特化しているからだ。これでは総合的に世の中を見ることができない。歴史研究者は多く存在するのだが、歴史家は多くは存在しないということでもある。漠然といろいろなものの興味を持ち、それに関する本を読み、自分なりの考えを持つということが今こそ必要なときのような気がする。「それは専門ではないから」という言葉を封印したいものだ。
[PR]
by qzr02421 | 2012-12-19 16:29 | 日常