本を、旅を、世の中をどのように見るのか


by qzr02421
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

生きていることは不思議なことなのだ

ブログの更新に対する熱意がいまひとつおきないのはなぜだろうか。更新をするというのは勢いなのだろうか。結婚と同じで、疑問を持つと動きが止まるということかもしれない。疑問を持つことは大切なことなのだろうが、持ちすぎるのも考えものということなのだろう。疑問を持ってすごしているうちの12月になった。外と見ると雪が降っているようだ。初雪なのだろう。新潟では新幹線が止まって大変そうだ。ノロウイルスの流行しているようだ。がんばりすぎてもよくないということでもある。自然に暮らしたいものだ。

仏教では欲望を持つなと教える。しかし欲望を持つのが人間というものでもある、欲望がなくなったら生きているという気がしないはずだ。仏教の本を読んでいたら、そのときそのときを生きればよいとある。風邪をひいたら、風邪を治そうというのではなく、風邪とひいたことを楽しめというのだ。風邪をひくというのは生きているということだ。死んでしまったら風邪をひくこともない。だから、生きているということと風邪をひくということは同じことだという。屁理屈のような気もするが、そのときそのときを楽しむという生き方は、理解できるような気もする。

ブログを書きたいときには書き、書きたくないときには書かないということは、それはそれでその通りのことだ。自分がやりたいと思うことがするということはストレスレスということでもある。久しぶりのブログ更新なのだが、内容がないようだ。内容がないことを楽しめばよいということだろう。病気になったら、その病気を楽しむことが大切という生き方はとても好感がもてる。そのように生きたいものだ。そのように生きることができたら、幸せだろうと思う。なかなかそのような境地にならないのも人間の性かもしれない。

人からよく思われたいと思うのもよくないことだ、自分は自分でよいのだ。還暦を迎えようとする今、何を恐れる必要があるのだ。人間はいつかは死ぬのだ。どのような人でも必ず死ぬ、平等の死がくるというのはとてもよいことだ。お金がどれだけあっても、その金を持ったまま死ぬことはできないのだ。人間は死というものに対しては平等なのだ。あと何年生きることができるかわからないけれど、生きていることを楽しみながら、つまり、どのような状況でもその状況を楽しむことができるようになるということでもある。年末の訃報を聞くたびに、生きていることの不思議を感じる今日この頃ということだ。
[PR]
by qzr02421 | 2012-12-09 20:25 | 日常