本を、旅を、世の中をどのように見るのか


by qzr02421
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

人生は必然か偶然か

風が強く、寒い。春分に日が終わったのに春が来ないようだ。春一番も吹いていないとのこと。地球温暖化といいながら、今年の冬は寒かった。温暖化するのかとの疑問には、温暖化しているから異常気象なのだという説明となる。温暖化の原因は産業革命以来の化石燃料を燃やしたことだそうだ。ナポレオンがロシア遠征したころには小氷期が来たとも言われている。二酸化炭素増加が勝つのか、小氷期が勝つのかという疑問さえ持つ。

地球上に人間がいるから、問題が起こるとしか思えない。地球温暖化で一番困るのは人間なのだ。問題を起こしている人間が困っているとすれば、それは今流行の言葉である、自己責任ということに過ぎないような気もする。マスコミも政府も本当のことを言っていないような気もする。あるいあ本当のことは本当の分かっていないということかもしれない。

笹沢佐保は人生は必然だといっている。偶然に見えるが、それはそのような人生を歩むことを決められているのだということだ。彼は21歳のとき心中しようとしたという。しかし助かってしまった。助かったあと東京の帰る電車が、人を轢いたそうだ。轢かれた人は、一生懸命生きるため、電車に駆け込んで乗ろうとして、プラットホームから落ちて電車に轢かれて死んだのだ。彼は死のうとした人、つまり自分が生き延びて、生きようとした人、つまり轢かれた人がいる。人生は運命に操られているのだと思うようなったという。彼は小説家になるにあたって、交通事故が原因という。交通事故に遭遇し、暇な時間が与えられたので小説を書くことができたという。

運命があるのかないのかは分からないが、人が生きるときに偶然とはいえないものによって導かれているということがあるのかもしれない。自分が真剣に生きようとすれば、おのずと道は開けてくるような気がする。疑問があり、その疑問を持ち続けていれば、その疑問が解決するときがあるはずだ。疑問を持っていなければ、その疑問が解決されるときはないのだ。宝くじを買わなければあたらないということと同じことだ。
[PR]
by qzr02421 | 2012-03-21 20:43 | 日常