本を、旅を、世の中をどのように見るのか


by qzr02421
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

迷信はウソなのか

寒くなったり暖かくなったり、いわゆる三寒四温という状態で春になっていくのだ。散歩では春の気配を感じてはいるのだが、冬という感じもしている。冬と春の境目で体調管理が難しいときでもある。灯油を買うのをいつやめたらよいのか迷うときでもある。暖かくなったときの石油ストーブは惨めなものだ。必要とされなくなったストーブを見ているのは寂しいものだ。

今年はうるう年なので29日がある。29日を過ぎれば3月だ。お雛様を出さなくてはと思いながら、いつのぎりぎりで出すこととなる。しまうときには、婚期がとか言いながら、あっという間にしまうのだ。それでも婚期とは関係がないとは思う。2月中にお雛様は出したいものだ。天気が良くないときにはお雛様の出し入れがダメとなると、困ったことになる。迷信を忘れて、出したいときに出して、しまいたいときにしまえばよいとは思うのだが・・・

迷信というのは合理性があるのかどうかは分からないが、過去の人が語ったことを無視するのもどうかと思う。合理的ではないことが、間違っているということでもない。人は合理的だけで生きているわけではない。どうしてそういうことなのというような不合理な世界で生きているのが人間なのだ。説明できないことの中に真実がかくれているのかもしれない。合理性だけを追い求めるのはよくないと思う。

季節の変わり目は体調を崩しやすいものだ。そういう時期こそ雛祭りなどの行事で節目を感じ、体調を管理する、つまり過去を思い出し、未来を考える時期なのだと思う。年中行事を馬鹿にしてはいけないのだ。正月も節分をきちんと行なうことにより、健康は維持できるのだと思う今日この頃なのだ。
[PR]
by qzr02421 | 2012-02-29 18:55 | 日常