本を、旅を、世の中をどのように見るのか


by qzr02421
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

何を信じればよいのか

厚生労働省、どうして厚生省と労働省を合併したのだろう。政府の役割は国民の生活を保障することが第一に仕事だとおもうのだ。その二つの省を合併するということは、政府は国民の生活を保障するより消費税増税にように国民から税を取ることを考えているようにしか見えない。ということで財務省が威張っているのだろう。国民主権だから税を払うのは国民の義務だろうが、それは政府が国民の生活を守る役目を持っているからだ。

厚生労働省が31日に、世帯所得が年200万円に満たない人は、比較的高い収入のある人に比べて野菜を食べる量が少なかったり、運動の習慣がなかったりと、生活に問題がある傾向があることを発表した。所得少ないと健康に気をつかうということがないのだ。アメリカでもスラムなどに住み人々ほど体重が多いとのことだ。いわゆるジャンクフードを食べるのは所得の低い人々なのだ。

ジャンクフードの代表がケンタッキーフライドチキンやマクドナルドハンバーガーだ。安くて栄養価が高く、しかも野菜が少ない食べ物だ。アメリカではこのような食べ物は低所得者の食べ物なのだ。この油脂のたっぷり入ったものを食べて、低所得者は太るのだ。日本では別にそのようなことはないのだろうが、日曜の朝に子連れの夫婦が、ケンタやマックで食事をしている姿を見るのだが
生活習慣病という観点で考えるとよいことではないと思う。

いろいろ事情があるのだろうが、日曜の朝は、家で味噌汁とご飯と焼き魚という食事を子どもにもさせたいものだ。焼き魚は素敵な食べ物だとおもってたのだが、あの福島原発事故で放射性物質を太平洋に流したのだ、その影響は分かってはいない。学者は放射性物質は海の中で薄まるというのだが、本当の薄まるのならどうしたイタイイタイ病などが起こったのだろう。放射性物質が漂うところをたまたま魚が泳いだということは考えられないのだろうか。大学の先生は嘘つきが多いので、福島の原発事故のとき大学の先生はメルトダウンは起きることがないといったが、言ったその時にメルトダウンが起きていたことがいまは分かっているのだ。イタイイタイ病だって、大学の先生は企業との因果関係は不明と言っていたのだ、後から因果関係は証明されたのだ。一体何を信じればよいのだろうか。
[PR]
by qzr02421 | 2012-01-31 20:55 | 日常