本を、旅を、世の中をどのように見るのか


by qzr02421
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

年金はどうなるのか

ヤマダ電機が名古屋の駅付近で開店というニュースがあった。多くの人が並んだということだ。日本は平和で、ワーキングプアという現実がある一方で、オタクという存在もある。子どもが就職しないでいるけれど、その子どもの親は年金と貯蓄でそれなりの生活をしているようだ。ワーキングプアらしき人がヤマダ電機の開店に並んでいたり、パチンコの開店を待ってしたりするのだ。

豊かな老人もいるだろうし、豊かでない老人もいるだろうが、豊かな老人とワーキングプワという組み合わせが多いのだろうか、どうして若者が金曜日という平日にヤマダ電機の開店の並ぶことができるのだろうか。格差とか貧富の差とかいう現象が指摘されているが、もっと違う説明があるような気がする。

年金に物価スライドを適用して、年金支給額を下げようとする法案が提出されるそうだ。この報道にたいして、年配の人は困ったことだ、政府はきちんとした年金を支給すると約束したはずだと怒りをぶつけている。現在年金を支給されている人たちは、自分が納めた額よりはるかに多くの額をもらっているはずだ。それなのに怒りしかないというのは公共心がないような気がする。

若い人はその年金支給減額に対して、年寄りが困るから年金支給減額をすべきではないという人が多いようだ。やさしい若者が多く存在していることがわかる。そのやさしい若者の力で現在の年配の人の年金は維持されているのだ。このあたりのことは年配の人がしっかり理解することが大切だと思う。年よりは保護されて当然という意識を変えない限り、日本の未来はないのではないのだろうか。
[PR]
by qzr02421 | 2011-11-28 18:54 | 日常