本を、旅を、世の中をどのように見るのか


by qzr02421
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

心配することはないのだ

秋らしくなった、つまり少し寒くなった。季節では冬らしい。これからは暖かくなったり寒くなったりして冬になるのだろう。地球温暖化で暖かいというけれど、人間が暮している時代はそれほど長いわけでない。今から2万年ほど前に氷河期が終わり、終わったといってもまた氷河期が始まるかもしれない、このような時代を間氷期というらしい。少し前までは氷河期がくるといわれたが今では温暖化だ、何が本当か分からない。

親潮という暖流が太平洋を流れている。この親潮が北海道の北か津軽海峡かどこかで日本海の流れ込むのだそうだ。そのため日本海が暖かくなり、その暖かい日本海で海水が蒸発して雪を降らせるのだそうだ。寒い時代は海峡がなかったので日本海が冷たい時代があり、その時代は日本海側は雪が少なかったらしい。今年は親潮が強いということだ、つまり今年の冬はこのままだと、日本海側では大雪にまたなるということであ。

寒くなったので、インフルエンザの予防接種をうつ時期となった。着床するのに二週間、効果があらわれて5ヶ月効果があるのだそうだ。いま接種すれば来年の5月くらいまで効果があるということだ。熱があるとうつことができないので、体調を考えて接種することが必要だ。病院によって値段が違うとのことだ、安い病院では2000円らしい。化粧品と同じで安いものは効果がないと考えるのか、ともかく安いもので満足するかということだ。

何でも安いものをと探すというのも人間性に欠けるような気がする。それなりの値段を払うことが必要なような気がする。それでないと日本の経済が上手くいかないと思う。安いものが欲しいといいながら、TPPに反対しているというのも矛盾しているはずだ。日本でつくる商品は高いのだ。中国から輸入している商品は安いのだ。フェアトレードということもある。適正な価格というのがあるのだと思う。それで、普通の値段、何が普通か分からないが、3600円のインフルエンザの予防接種をしたのだ。少しやせ我慢だっただろうか。
[PR]
by qzr02421 | 2011-11-08 20:07 | 日常