本を、旅を、世の中をどのように見るのか


by qzr02421
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ダイエットとは何?

ダイエットをしたいわけではないが、体重は増えないのがよいことにはちがいない。同じ体重の維持が目標だ。同じような食生活なのに、体重が増えたり減ったりするのは何故だろう。体重変化の大きな要素としては水分があると思う。去年、心臓の手術後は利尿剤を飲んでが、それだけで5キロほど体重が減っていたから、5キロくらいの幅は水分だろう。

体重を減らすことも大切だが、体脂肪を減らし、なおかつ骨を丈夫にしなくてはいけないのだ。やつれたではなくやせたにしなくてはいけないということだ。骨を丈夫にするためにはカルシュウムをとることが大切なのだが、あわせてビタミンDと取ることが必要なのだ。ビタミンDというのはお日様の栄養だから、
乾燥シイタケがよいのだ。

ダイエットにはかつお節がよいという説もある。カツオでとっただし汁にはダイエットに効果があるヒスチジンがあり、それが脳に入るとヒスタミンとなるということだ。このヒスタミンには体重を抑制する効果とあるということだ。ヒスタミンが直接摂取できないというところがミソなのだ。ヒスチジンの多い食べ物としては本マグロ、カツオ、ブリ、サバなどがあるとのことだ。赤みと背の青い魚を食べろということだ。あるいは和食を食べろいうことでもある。ハンバーグなど食べていてはダメということでもあるのだ。

また、ダイエットの秘訣は30回噛むということが大切だそうだ。ためしに30回噛んでの食事をしてみたが、一回ずつ30回噛むということは結構時間がかかる、30回噛んでいるとお腹がいっぱいになった気がしてくることも事実だ。記録をつけるということも大切だそうだ。できたかできなかったか記録をつけることが脳の影響を与え、やる気を出すのだそうだ。脳科学というのはすごいものだということが分かった。
[PR]
by qzr02421 | 2011-09-30 21:00 | 日常