本を、旅を、世の中をどのように見るのか


by qzr02421
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

8月も終わりだね

8月31日、蒸し暑い日、8月が終わり新学期が始まる。教師をしていると民間で仕事をしている人とはちがい感覚で夏休みを捉えるだろう。授業がないだけで、それなり仕事があるのだが、それで授業がないというのは一種の開放感がある。教師の仕事は授業だけのだが、授業が仕事の一部でもある。50分話すために多くの書物を読む必要もある。その書物を読む時間が、この夏休みにはあるのだ。

生徒から「目からウロコと落ちた」という言葉を聞きたいが為の、少しむなしい努力だ。むなしいのはなかなかウロコが落ちないからだ。基礎的な事項を説明しながらウロコを落とすということは難しい。ともかく今日でその夏休みが終わるのだ。小学校に入学してから、約50回ほどの夏休みが終わるのだ。生徒が夏休みが終わるときに寂しさを、ず~と感じるのが教師という仕事なのだ。

太平洋上には台風12号が本州を狙っている。このまま北上すると伊勢湾台風とおなじようなコースなのだろうか。9月3日には上陸するということだ、心配なことだ。明日の始業式は大丈夫だろうが、2日の金曜日はどうだろうか。暴風警報が出ると学校が休みになる。教員は休みのなるわけではないのだが、これまた授業はなくなるのだ。

授業がしたいという気持ちを持ちながら、授業がない状態を楽しみという二律背反の気持ちがある。台風については被害がないこと祈るだけだ。日曜日の午後2時以降の気持ちと夏が終わる気持ちが似ているようだ。なにか寂しいが、明日からの日常を期待すると言う気持ちなのだ。
[PR]
by qzr02421 | 2011-08-31 16:59 | 日常