本を、旅を、世の中をどのように見るのか


by qzr02421
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

夏はウナギかマーボ豆腐なのだ

ウナギが食べたいと思うと気がある。平賀源内が土用の丑の日にウナギを食べることを考案したということだが、この暑い時期には油っぽいウナギの消費量が落ちたために考えたことなのだろう。暑い時期には素麺や冷麦が一番なのだ。あるいは冷奴なども最高だ。

しかし、長野から名古屋に帰ってきて、名古屋の暑さにあたったら、急にウナギが食べたくなった。今年はウナギの稚魚が育たないのか、少ないのか分からないが、ウナギの値段が例年より高いようだ。ウナギはどのような稚魚から成長するのか分かっていなかったそうだが、最近はだんだんウナギのことも分かってきたとのことだ。

ウナギと思いながら冷蔵庫をあけたら、豆腐とひき肉があった。なぜかマーボ豆腐を食べたくなった。しかしネギがない。ネギの代わりにたまねぎを利用してマーボ豆腐を作ることにした。中華だしもない。コンソメを代用することにした。和風だしよりはよいだろう。たまねぎを炒め、ひき肉をいれ、コンソメと醤油で味をつけた、片栗粉を入れたら完成だ。

暑い時には暑いものを食べるのが一番なのだと、自分に言い聞かせながら、マーボ豆腐を食べようとしたら、ご飯がない!ご飯を炊くのには1時間かかる。ビールを飲みながらご飯が炊けるのも待つ。ご飯とマーボ豆腐とビール、なんてぜいたくな夏の夜なのだろう。ウナギは、ウナギは・・・・
[PR]
by qzr02421 | 2011-07-18 19:36 | 日常