本を、旅を、世の中をどのように見るのか


by qzr02421
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

電気は資本主義そのものだ

6月も終わりだ、4月始まりという仕事なので3ヶ月しかたっていないということだが、1月から見れば半年過ぎたということにもなる。毎朝散歩をしているのだが、1月の雪の中の散歩から、3月末の桜の下の散歩、そして6月末は太陽の光の中での散歩だ。日本は四季があるというが、それを実感させられるのが散歩だ。1時間手を振りながら歩くのは気持ちがよいのだが、夏に近づくと暑さが倍増してくる。朝の6時でも太陽がまぶしい。散歩を始めた昨年の8月中ごろは朝5時スタートだったの、その太陽のまぶしさは感じなかった。

昨年は手術をしたので緊張感もあったのか、暑い夏というイメージがないのだ。それだけ緊迫した日々だったのだろう。今年は、6月末からこの暑さだ。福島の原発が原因ではないし、地震が原因でもないだろう。日本列島が活動期に入ったことと暑さとの因果関係もないようだ。それでも地球が活発化しているために暑いのかもしれないと思ってしまう。

経済成長と電力は比例関係にあると思っていた。電力利用が増加すれば経済成長も増加するということだ。資本主義は電力を使用するのが基本ということでもある。GNP、GDPと電力は比例関係にあるのだ。電力を控えるということは生産が減少するということだ。つまり経済成長が鈍化するのだ。経済が成長すれば税収も増える。税収が増えれば消費税増税は必要なくなるということになる。

結局民主党政権が税と社会福祉の一体改革と言っているのは、経済が成長する可能性がないので、税収が増えないので消費税を上げることが必要ということか。消費税を上げれば経済が発展しないので、また消費税増税ということになりはしないのか。今求められるのは経済成長ではないのか。しかし電気を使わずに経済成長はないのだ。未来に明るい展望が持てない時代のようだ。電気の問題は奥が深いということでもある。原発を止めろというのは簡単だが、それで・・・悩ましい問題だ。
[PR]
by qzr02421 | 2011-06-30 15:45 | 日常