本を、旅を、世の中をどのように見るのか


by qzr02421
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

関東が大変だとニュースも深刻になるようだ

春といっても少々寒い日が続く。それでも花は生き生きと咲こうとする。名城公園の藤が見ごろということで、散策をした。名古屋城に東と北に藤棚がある。それなりに咲いていたが、例年より房の長さがないよう気がした。蜂も飛んでいない。もう5月だというのに、まだまだという感じだった。寒い冬が終わったが、寒い春のようだ。このあと突然暑い夏が来ないとよいと思う。

アメリカでは竜巻での被害が報道されている。3・11東北での地震以来、日本でも本来の景気が戻ってこないし、景気も低迷しているようだ。関東から以北が被害を受けたので、関東での気持ちの沈みこみが厳しいようだ。テレビのキー局が関東に集中しているので、関東発のテレビ番組は暗いニュースが多い。暗くなければつまらないお笑いとクイズ番組しかない。

東京の人は、東京が日本に中心と思っているにちがいない。東京での節電が日本中に広がっているような番組が多い。節電したほうがよいには違いないが、切実なのは東京を中心とする関東だけとうことに気がつかないのだろうか。この地震が九州で起こったのなら、きっとこれほどのニュースにはならないはずだ。東北の被害が問題なのではなく、被害を受けた人が気の毒だが、ニュースをつくる関東に被害感情があるので、悲観的なニュースばかりになるのだ。

福島の原発事故は人災だということは間違いない。東電を責めてもしかたがないことだが、今までの東電の姿勢を考えたら、責められても仕方がないとも思う。地震や津波の被害があることを指摘されていたのに、その対策を怠っていたことはまちがいがない。原発を推進した自民党政権にも責任がある。この地震と原発の問題は関東地方から近い地域で起こったから、これだけのニュースになっていること忘れてはならないのだ。関東だけが日本ではないのだ。
[PR]
by qzr02421 | 2011-05-02 19:40 | 日常