本を、旅を、世の中をどのように見るのか


by qzr02421
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

寅さんはタバコを吸わないのだ

文化人や知識人は映画というものを尊崇するがテレビドラマを軽視するのはなぜか、映画マニアはて、通ぶるのだが、テレビドラマの通は軽蔑される。映画の方が伝統があるからだろうか。映画の方がお金がかかっている場合が多いには違いがないが、お金がかかっているから高度な文化ということにはならないはずだ。

映画「フーテンの寅さん」はなぜタバコを吸わないのかという疑問がある。寅さんは女性とよい仲にもならない。寅さんがタバコを吸うと二枚目になってしまうからという説もある。テキヤとタバコは相性がよいということだ。タバコを吸うと知的に見えるというとはない。ソクラテスも孔子も仏陀もタバコを吸ってはいなかった。タバコは近代に入り世界中に広まったものだ。

村上陽一郎は17世紀の聖俗革命とタバコとの関係性を指摘している。かつて聖なるものが分けていた時間をタバコによって時間を分節するということだ。渥美清は若い頃結核で片肺を摘出しているので、物理的にタバコを吸う意ことがないという事実はあるにせよだ。

タバコとは関係がないが、戦国から江戸時代の映画やドラマで武将が「攻撃は来週あたり」などと言っていたら、それは間違いだそうだ。来週という言葉は明治以降に出来た言葉だそうだ。そういう観点で戦国から江戸のドラマを見るとおかしなことが多いことに気がつくのだ。
[PR]
by qzr02421 | 2011-03-31 22:22 |