本を、旅を、世の中をどのように見るのか


by qzr02421
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

節分そして立春だ

今日は節分だ。いよいよ季節の変わり目ということだ。明日は立春だ。季節は春になるということだ。季節の変わり目は病気になりやすいので、節分の豆まきをするのだろう。まめをまいて、恵方巻きを食べ、食べるときにはしゃべってはいけないそうでが、なかなかそれは難しい。この恵方巻きは結構、酢飯が多くて、まともに食べると太りそうだ。

定時制の生徒に節分には鰯を食べると無病息災だねといったら、いわしを食べるだなんて知らないといっていた。さらには私は鬼の役が好きだから、豆を頂戴といっていた。無病息災も言葉で言っただけでは、内容が分からないようだった。元気に1年暮らすことが出来ることだといったら、私は元気だからよいとのことだった。

妻が節分を家族でしようというとで、私の帰宅を待っていた。私の帰宅が一番遅かったのだ。一家総動員、妻と私と子ども二人で豆まきだ。鬼は外、福は内という掛け声で行事をこなした。長女いわく「30歳になった子どもが一緒に豆まきをするなんて変じゃない?」とのことだった。笠寺観音で豆まきを大人はするようだが、家庭で豆まきをするのは変?という発想はよく分からないが、長女が変?ということを言うのは分かるような気がした。今年の恵方巻きは妻の手作りだった。結構美味しかった。何でも外注の世の中だが、家庭で作るということも大切なことなのだ。

節分が過ぎるといよいよ春だ。昨日から少し暖かくなってきた。今日は昼頃散歩をしたけれど、お日様のありがたみが分かる気がした。ジャンパーを脱いで、散歩をする、気持ちよい日和だった。手袋もいらない。順調に暖かくなるかどうかは分からないが、気持ちのよい季節がやってくるということだ。花粉症を除けばということだが・・・
[PR]
by qzr02421 | 2011-02-03 22:25 | 日常