本を、旅を、世の中をどのように見るのか


by qzr02421
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

無料で喜んではいけないのだ

散歩を朝晩しているのだが、散歩をするときには、音楽やニュースを聞いている。聞かずに、いろいろ考えをまとめることもある。人間は、歩きながら考えるのが一番効率がよいような気がする。カルチャースクールや、高校での授業のときは、何も聞かずに、いろいろなことを考えながら歩くようにしている。結構、面白い発想が浮かぶことが多い。暗記をするときにも、歩きながらが多い。歩くという体を使うということは、よいことだと確信をしている。

何事も思い込んで、実行することが大切だ。思い込むということは人間にとって、自信を持ち根源だと思う。自信があるということは、とくに理由があるわけではない。なんとなく自信というものを持っているだけなのだ。理由がなく持っているのが自信というものなのだ。何か持っているとしたら、いわれのない自信というのが、斉藤投手なのだということでもある。

特に用事がないときには、ニュースや音楽を聴くことも多い。それはそれで楽しいことだ。耳の構造が悪いのか、形態が悪いのか、イヤホーンがはずれやすいのだ。そこではずれないようなイヤホーンを購入して、使用していたのだが、左の音だけが聞こえにくいことが多くなった。接触が悪いというとだ。何回か調節していたら、壊れてしまった。3ヶ月ほどの寿命だった。ジャックの構造が悪いと思う。

ラジオとイヤホーンのジャックが折れやすい構造になっているのだ。しかたがないので新しいイヤホーンを購入した。アマゾンで送料が無料というイヤホーンがあったのだ。最近は、送料無料という商品も多い。佐川などで働いている人は夜何時まで働いているのだろうと思うくらい働いている。送料無料でどのように儲けているのか心配だが、無料がありがたい。しかし、無料で喜んでいると、あとでとんでもないしっぺ返しがくるような気がしないでもない。ただより怖いものはないということだ。
[PR]
by qzr02421 | 2011-02-01 20:54 | 日常