本を、旅を、世の中をどのように見るのか


by qzr02421
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

面白がるということ

年末らしく寒い一日だった。名古屋は朝初雪だった。例年より遅い初雪だろう。スーパーなども6時頃閉まるところもある。夜は、のんびりテレビでも見て過ごすということか。年の終わりも静かに過ぎていく。今年一年を振り返るにはよい静けさだ。振り返ってみれば、それなりに楽しいこともあり、初体験のこともある、有意義な一年だった。

今年一番の出来事は、心臓の手術だ。3月末に手術をという内科医の話があり、心臓の手術は大変なことが分かっているので、死ぬかもしれないなどと感傷にふけった春、桜を見ても、これで最後の桜かな、などと思ったりした。それでも無事手術が終わり、4ヶ月過ぎた。生きているということを実感している。

今でも朝の散歩は続けているのだが、夏には朝5時出発だったが、最近は寒いので、布団から出るのがつらいので、出発は朝6時半ごろになっている。それでも6時半はまだ暗い。最近は下弦の月がきれいだ。星と月を見ながら、歩き始める。新聞配達する人はもう既に終了している時間だ。それでも1時間の散歩は気持ちがよいものだ。

心臓の手術を挟んだ一年だった。来年はどのような年になるのだろうか。いや、どのような年にすればよいのか。京都大学教授の森毅氏は「人生は面白がる」ということが大切だと言っていた。何でも面白がってはじめることが大切なのだろう。一度しかない人生なので、面白がるということは、それなりの指針となることだと思う。来年は、面白がるということを念頭において、いろいろなことに取り組みたいものだ。今年の言葉は「サバリバル」だった。来年は「面白がる」としよう
[PR]
by qzr02421 | 2010-12-31 20:52 | 日常