本を、旅を、世の中をどのように見るのか


by qzr02421
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

幸せなときとは・・・

心臓の手術は胸を20センチほど切り、肋骨を切断する。切断した肋骨をワイヤーというもので固定し、自然に肋骨がもとのようになるまで待つというものだ。そのため5キロ以上、10キロ以上のものを持つと、ワイヤーで固定した肋骨がずれるので、そのような重い荷物を持ってはいけないという。うつぶせもだめとネットには書いてある。入院中に看護師さんに「うつぶせはだめですか」と聞いてみたが、「いいですよ」という答えだった。

それでもネットでは「うつぶせはだめ」といわれた人がいるようだ。どこに真実があるのか。手術して二ヶ月が過ぎたので、10キロの米は持つことができるようになった。だいぶん肋骨も元の状態に戻ったのだろう。実は、うつぶせで本を読むのが好きだったのだが、退院してから、まだ一度もうつぶせで本を読んだことはない。

入院中は仰向けで、本を読んでいたし、今でも仰向けで本を読んでいる。本を読んでいて、憶えておきたい部分や、気になる部分はボールペンなどで線を引くことがおおいのだが、仰向けだと線を引くことができない。うつぶせならメモを取ることもできるのだ。早くうつぶせで本を読みたいものだ。

まだ、疲れるようなので、手術して二ヶ月というのはまだまだ、回復してはいないのだろう。元気なのは気だけなのだ。時間があると、寝て仰向けで本を読むようにしている。最近は寒くなってきたので、布団をきて、そして本を読む。本を読んでいると睡魔が襲ってくる。この睡魔と闘いながら本を読むのが至福ときだ。やがて睡魔に負けて眠りに落ちる、これもまた至福のときなのだ。人間の幸せというのはささいなものということだ。
[PR]
by qzr02421 | 2010-09-30 21:29 | 日常