本を、旅を、世の中をどのように見るのか


by qzr02421
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

疲れやすいな~

手術をして43日目だ。心臓の手術をして、二週間ほどで働く人もいるし、二ヶ月くらい療養する人もいるということだ。心臓の手術というハードな手術で、しかも全身麻酔なのだから、体に負担は結構なものなのだろう。しかし、全身麻酔だったので、手術の記憶がない、あったら怖いが・・・麻酔の利きが悪く、記憶がある人がいるという話も聞いたが、私の場合は麻酔からさめて、手足は動くが、胴体の部分が動かない苦しみしか覚えていない。

二ヶ月療養するし、復帰しても以前のような仕事はしばらくしないのが普通なのだろうか。それが普通なら、あまり無理して授業や講義をしてはいけないのだろうか。カルチャースクールで、受講生から「元気がありませんね、手術の疲れが出ているのではないですか、お体を大切に」といわれた。自分では元気に講義をしているつもりなのだが、受講生から見ると、疲れ気味で迫力に欠けるように見えるのだろうか。

定時制でも、年配の生徒さんに、定時制だからクラスに一人ほどだが、年配の人がいるのだが、昔のように勤労学生というイメージは定時制高校にはないが、何らかの理由で定時制に来て、アルバイトをしながら、学業を続けている人たちだ。年配の人は、戦争などの理由で高校に通うことが出来ずに、今、高校で学んでいるのだ。その年配の人からも「手術をしてから元気がありませんね、無理をしないように」といわれた。

若い生徒さんに、「疲れて見える」と聞いたら、「笑い顔が少ないくらいで、元気がないとは思わない」という返事だった。結局、手術したあと、43日目の今、元気がなく、疲れて見えるというのは事実のようだ。やはり年末までは、体を大切にして、養生しながら働くことが重要ということだろう。体が資本なのだから、休憩をしながら、がんばろう!と思う。
[PR]
by qzr02421 | 2010-09-16 16:34 | 日常