本を、旅を、世の中をどのように見るのか


by qzr02421
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

除草後の草のにおい

夜、高速を利用して長野に行った。伊那インター直前、前のトラックが妙な動きをした。蛇行したのだ。何かを避けようということのようだった。すると、そのトラックの後ろからタイヤの破片が飛んできた。このトラックのタイヤが破損したのかと思ったが、どうやらちがうようだった。

そのトラックが視界からいなくなったら、そこにはパンクをした別のトラックが止まっていた。止まっているのはよいのだが、目の前、そのトラックのタイヤが横たわっていた。目の前に突然タイヤが!ぶつかりそうになった。夜中の高速道路はトラックが多く、危険が一杯ということだ。

一夜明けると、伊那では好例の草刈だ。一雨ごとに草が伸びている。年によって生える雑草の種類が違うのが不思議だ、自然は偉大だということがわかる。雑草も命があるのに、嫌われて、切られてしまうのも気の毒のような気もする。今年は雑草対策でシートを一部敷いてあるので、除草の区域は若干少ない。除草剤はやめているので、雑草対策シートが有効だ。

それでも二時間以上かかって、除草終了、除草後の草のにおいが、なんともいえない、匂いか臭いかどっちともいえないが、草が死んでしまったんだよというメッセージをおくっているようなにおいだ。草の冥福を祈るような気持ちで、いつもこのにおい感じている。草を刈ったあとのにおい、あなたはどのように思いますか。独特な感じを持ちませんか。

冥福を祈るため、除草のあとは回転寿司に行くことにしている。外食産業の中でも回転寿司は結構繁盛しているようだ。寿司に特化していることがよいのだろう。ハンバーグ、サラダ、焼肉などなど多種なメニューを用意しなくてもよいのも、流行る理由だろう。今回は回転寿司ではなく、スーパーで寿司を買って、草の冥福を祈ったのだ。
[PR]
by qzr02421 | 2010-05-31 14:33 | 日常