本を、旅を、世の中をどのように見るのか


by qzr02421
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

サルに言語を

サルとヒトのちがいは、ここでサルやヒトが漢字ではないのは、現在存在する猿と人でだけではなく何百年前猿と人が分離した頃の存在を含めているという意味だ。サルは進化して猿になり、人もさらに進化して猿人、原人、旧人そして新人つまり現生人類になったのだ。

サルとヒトのちがいはいくつかあるが、その一つに言語の獲得がある。最近は虚偽説もあるという「アマラとカマラ」つまりオオカミに育てられた少女たちは、数後の言語を覚えることしか出来なかったという。ヒトも幼児期にヒトの中で育たないと言語が獲得できないようだ。一方ではサルとヒトのちがいは、ここでサルやヒトが漢字ではないのは、現在存在する猿と人でだけではなく何百年前猿と人が分離した頃の存在を含めているという意味だ。サルは進化して猿になり、人もさらに進化して猿人、原人、旧人そして新人つまり現生人類になったのだ。

サルとヒトのちがいはいくつかあるが、その一つに言語の獲得がある。最近は虚偽説もあるという「アマラとカマラ」つまりオオカミに育てられた少女たちは、数後の言語を覚えることしか出来なかったという。ヒトも幼児期にヒトの中で育たないと言語が獲得できないようだ。一方ではサルに言語を教えようとしても数語?しか覚えることは出来ないようだ。

スキナー・チョムスキー論争つまり言語獲得能力は生まれながらに持っているとする説と学習の要因によって言語はかわるという説がある。最近、新生児は子宮の中で言語を覚えはじめ、生まれたときにはその言語特有のアクセント、(訛りのようなもの)を身に付けているという研究が発表された。フランスを話すお母さん、ドイツ語を話すお母さん、薩摩弁を話す母さん、青森弁を話しお母さん、それぞれ子宮の中でそのアクセントみたいなものを聞き、自分のものにしているのだ。

普通は、フランス語を母国語とする人は語尾を上げ、ドイツ語を母国語とする人は逆に語尾を下げるということが知られている、そこで、新生児の泣き声の中から何らかの特徴があるのではということで研究がおこなわれた。その結果フランス人の新生児は泣き声の最後の音が高くなったというのだ。それにしてもチョムスキーは人間はどの国の言葉でもその国で育てば獲得できるとした。人間にはある種の言語を獲得できる能力があり、それは子宮の中から始まっているということなのだ。
数語?しか覚えることは出来ないようだ。

スキナー・チョムスキー論争つまり言語獲得能力は生まれながらに持っているとする説と学習の要因によって言語はかわるという説がある。最近、新生児は子宮の中で言語を覚えはじめ、生まれたときにはその言語特有のアクセント、(訛りのようなもの)を身に付けているという研究が発表された。フランスを話すお母さん、ドイツ語を話すお母さん、薩摩弁を話す母さん、青森弁を話しお母さん、それぞれ子宮の中でそのアクセントみたいなものを聞き、自分のものにしているのだ。

普通は、フランス語を母国語とする人は語尾を上げ、ドイツ語を母国語とする人は逆に語尾を下げるということが知られている、そこで、新生児の泣き声の中から何らかの特徴があるのではということで研究がおこなわれた。その結果フランス人の新生児は泣き声の最後の音が高くなったというのだ。それにしてもチョムスキーは人間はどの国の言葉でもその国で育てば獲得できるとした。人間にはある種の言語を獲得できる能力があり、それは子宮の中から始まっているということなのだ。
[PR]
by qzr02421 | 2009-11-15 07:34 | 日常